月別アーカイブ: 2018年3月

3Dバージョン

IMG_2651

時代は3Dへ!どんな感じか確かめてみたい人なので作ってみました。
本当はお子様達と作れば色んな発想が出て面白いのかも。
積み上げたりしたいのでもういくつか作ります。
飽きそう、だれか手伝って。

基本 CMYK

こちはら通常バージョン、宜しくお願い致します。

Torchonでした

デイリースカート(備後織物)

バージョン 2

オリジナルネーム「Hitotema」のスタートはこのスカートが切っ掛けでした。
備後織物をご紹介頂き使わせてもらえると言う事で、
この生地であれば良いものが出来るのでは言う可能性の扉が一気に開きました。
まずはその生地の話から。

バージョン 2

「備後絣」が一般的には有名な名称ですが絣などの織り柄物もあれば
今回使わせて頂いている無地物もあり総称として備後織物となっています。
昔ながらのシャトル織機で織られる為、大変手間と時間を必要とする織物です。
その為、効率化が求められる現代において機屋さんは軒並み減少し
当店のある福山近辺で2社を残すのみとなっています。
太い糸で織られる生地は凹凸のある豊かな表情を見せザックリとした風合いが特長です。
綿100%の為着用を繰り返して頂く事でその風合いも増し、肌に馴染みます。
吸水性に優れている為夏は涼しく、中空の繊維は空気を逃さず冬場は暖かい為
年間を通して使って頂ける織物です。

IMG_3347

IMG_3345

1日に織れる長さはごくわずか、希少性の高い織物となっています。

バージョン 2

初めから各ディティールは極めてシンプルに仕上げるつもりでいました。
ウエストにはゴムが入り紐でも調整して頂けるイージータイプになっています。
簡単に思いますがウエスト幅と中に入ったゴムの長さでシワの寄り方が違って見える為
最終的な決断には勇気が要ります。
ウエスト幅、ゴムの長さを数センチ刻みで試して見たい所ですが現実的には難しく
最終的に洗いの工程が加わる為、「縮み」と言う不確定要素が加算されます。

バージョン 2

ポケットも当然もうけていますが、個人的にはポケットに手を入れた際の感触を大切にしたいと考えています。
スレキを使用し「気がつけば穴が空いている」と言う経験も少なくないのでしっかりとした物を使いたいですが
過剰に考える事もなく、共生地を使用する事が自然な流れでした。

バージョン 2

サイドに少しデザインとなる物を加えさせて頂きました。
と言ってもあからさまなモノは当然避けたいので両サイドに10cm幅の切り替えを入れ
4枚ハギにする事でステッチが立体感を演出してくれ、いわゆる機能美と言うヤツです。
この辺りを柄物でやり始めた際には誰か止めて下さい。

バージョン 2

裾は決め事にしている見返し仕上げとなっています。
幅を5cmで仕上げ、見た目も大切ですがやや重みを持たせる事に重点を置いています。
言わなければ誰にも気付いてもらえないかも知れませんが全ての事に意味合いを持たせています。

バージョン 2

改めて全体像、シルエットはフレアの少ないボックス型に着地、
素材×シルエットがバランス良く表現出来ているのではないでしょうか?

Torchonでした

Gir

バージョン 2

IMGP6941 (1)

バージョン 2

Lin francais d’antanの新作「Gir」
先日のパンツ同様、使用されている「カナパ」と言う聞き慣れない素材は麻の種類のようです。
ネット上で検索しても素材の詳細は少なく、某有名ブランドのバッグが主導権を握っているようです。

基本 CMYK

聞き慣れるまでやる、こちらも宜しくお願い致します。

Torchonでした

Dermit

バージョン 2

バージョン 2

Lin francais d’antanより新作のDermitが届いています。
ザックリとした素材が魅力的なのはもちろんですが、去年から作る側となった者としては
こんな良い生地どこで手に入るのだろう?と言う探求心の方が勝ってしまっています。
同素材のトップスも明日にはご紹介出来そうです。

基本 CMYK

踊る探求心、こちらも宜しくお願い致します。

Torchonでした

男前パンツ

バージョン 2

素材感、シルエット共にかなり男前なデニムパンツが「Veritecoeur」より届いています。
絶好の日差しを味方に付け撮影も滞りなく終了、HPへのアップも行っています。

基本 CMYK

男前もきっと来る、こちらも宜しくお願い致します。

Torchonでした